☎ 03-6206-2159

平日 9:00〜18:00
お問い合わせ
ビジネスの土台を作る

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは、レンタルオフィス等と異なり業務スペース(事務所)を構えることなく、事業を始める際に必要な住所、電話番号などの基本的な情報などを借りることができるサービスです。バーチャルオフィスなら会社設立やオフィスを構える際の初期費用を抑えながらも一等地の住所で法人登記が可能です。

オフィス種別対比表

こんな方におすすめです

☑自宅以外で法人登記したい方
☑オフィスが不要な方
☑ビジネスで顧客に安心感を与えたい方

例えば、

●副業への使用や、セキュリティ等の観点から、自宅のマンション等の住所をお客様や外部に公開したくない(又は登記したくない)方

●創業したばかりだったり、テレワーク等でオフィスが不要であるが、会社としての住所が必要な方

●知名度の低い住所や、住宅街の住所等でビジネスを行っており、東京の一等地と呼ばれる場所に住所を設けたい方

バーチャルオフィスのメリット

一等地の住所で法人登記が可能

バーチャルオフィスのメリットとして最初に挙げられるのは、「自宅や賃貸マンションなどを実質的なオフィスとして創業する場合でも、一等地の住所で法人登記ができる」という点です。 もちろん、自宅や賃貸マンションを事業拠点として創業・法人登記することにまったく問題はありません。 ただし、見込顧客などが登記情報をチェックした際、本店の所在場所が住宅地や賃貸マンションになっていると、取引の与信に影響する場合があります。 会社の所在地が商談相手に与える第一印象は極めて重要です。知名度の高い日本橋という一等地でビジネスをスタートできることは、大きなアドバンテージとなるのではないでしょうか。

オフィスを構えるための初期費用を削減できる

一般的にオフィスの賃貸契約には、保証金、礼金、前家賃などをあわせ、賃料の半年~1年分程度の初期費用が発生します。 また、電話やFAX、インターネット回線の敷設、OA機器やオフィス家具などの購入といった費用も大きな負担となります。 「社員は1名~数名。モバイルで利用できるインターネット環境とパソコンさえあればどこでも仕事ができる」といったノマドスタイルで働ける企業や、 経営者の自宅などで仕事ができる環境が整っている場合は、バーチャルオフィスを利用して、オフィス開設にかかる初期費用を大幅に圧縮できるでしょう。 また大企業であっても、そのエリアへの本格的な進出を検討するためのテストマーケティングなどのケースでは、できるだけ初期費用を抑えたいのではないでしょうか。そのような際にもバーチャルオフィスは非常に便利です。

事業内容へ戻る
contact

お問い合わせ

お問い合わせ
ご相談・ご質問などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
03-6206-2159 平日 9:00〜18:00

セミナー情報

セミナー情報へ

出版情報

出版情報へ


Top